もう悩まないで!ネットでの誹謗中傷対策について

ネットで誹謗中傷されてしまったらとてもショック

インターネットが発達してきた現在では、歳に関係なくインターネットを使用している人が多いため口で伝えるよりも文字で気持ちを伝える方法が主流となってきました。良い使い方もあれば中にはインターネットで顔が見えないことを良いことにネットで誹謗中傷する人が増えてきました。実際に自分がネットで誹謗中傷されてしまったらとてもショックですよね。中には精神的に追い込まれてしまい外に出れなくなってしまう人がいるなど今や社会問題となっています。

ネットの誹謗中傷している相手は直接話すのに弱い

ネットで誹謗中傷している相手は文字でしか相手に気持ちを伝えることができません。また人を傷つけるような言い方しかできない人なので、直接論理的に物事を説明することができない相手です。感情的になってしまった結果相手を傷つけることしかできない人なので直接話をするのはとても弱いです。ネットの誹謗中傷している相手を特定している場合はその相手に直接問いただしてみると良いでしょう。直接言われるのが弱い人たちなのではっきりとどのくらい傷ついたか伝えることも大切です。

対策としては見ないふり

ネットで誹謗中傷する相手にとっては、された相手が傷つく姿を見ることが1番の喜びなんです。やることもなく時間をもてあました結果そのようにネットで誹謗中傷しているだけなので、暇な人の相手をする事はありません。あなたが傷つくことを見て喜んでいる人の相手をしているのは疲れますが、相手が飽きるまでほったらかしにしておくのも1つの手です。この時に自分のネット誹謗中傷の言葉の数々を見てしまうと傷ついてしまうので対策としては見ないふりをして好きなだけやらせておくと後に相手が飽きる日がくるでしょう。

サジェスト対策とは、検索の時にでる検索候補のワードがサジェストです、その候補に誹謗中傷ワードが出る場合の対策です。