見えない相手からの攻撃!ネットでの誹謗中傷

顔が見えないから余計に怖い

インターネットが使われるようになってきた便利な時代ではありますが、良いことだけではなくネットでの誹謗中傷は今では社会問題となっています。顔が見えないことを良いことに、直接言いづらいことを文字にして匿名で相手を傷つける行為で、ネットで誹謗中傷されてしまった相手にとってはたかが文章にも関わらず命を奪ってしまう危険性もあります。簡単に人のことを追い詰めてしまうためネットで誹謗中傷することが簡単にしてはいけない行為です。

自分でどうにもできない

ネットでの誹謗中傷を見つけてしまった場合に、自分でどうすることもできないことが多いようです。例えばネットで誹謗中傷されてしまったことでどこに連絡をして記事を消してもらったら良いか、どのように対処すればよいかなどがわからないもしくはそういった機能が付いていない場合が多く、余計にネットでの誹謗中傷を悪化させてしまう場合があります。また顔が見えないことで誰が行っているか分からないので直接相手に話すこともできずとても難しい問題です。

ネットで誹謗中傷されていても

ネットで誹謗中傷されてしまっても言われてしまった本人が傷つく心配はありません。ネットで誹謗中傷を受けてしまった場合、自分でどうすることができなくても無視をすることが大切です。あなたの反応見て楽しんでいる人による卑劣な行動なので、ここであなたがショックを受けてしまったらとても大変です。必ずその反応を見て楽しむ人に悲しんでる姿を見せてはいけません。あなたが無視をしてそんなことでは心が折れない姿勢を見せることでネットでの誹謗中傷行為を飽きさせるでしょう。

ネット誹謗中傷は問題の書き込みをしている相手が誰かわからないことが多々あります。そのため、書き込みの削除は多くの場合、ホームページの管理者に依頼することになります。