動画配信をするときに知っておきたいこととは

動画配信をする目的をはっきりさせる

かつてはテレビコマーシャルや雑誌の広告、新聞広告などがメインだった会社の宣伝も、インターネットの動画配信行うことで個人でも気軽に商売をすることができるようになりました。これは見方を変えれば、資力に関係なく動画配信をすることができるということです。多くの人に門戸が開かれた動画配信は、利用次第では大きな収益を上げることもできます。ただし、やみくもに配信をしても成果が出ませんので、まずは目的を明確に定めることが大事と言えるでしょうね。

どのくらいの費用がかかるか

動画配信をする場合、どのくらいの費用がかかるか気になるところです。インターネットの動画サイトを使う場合は、毎月数千円から数万円までプランがありますので、好きなプランを選ぶようにしましょう。動画の時間や動画を流す回数などによって変わってきます。できるだけお金をかけたくない場合は、自分で動画を制作して投稿するのがいいでしょう。基本的に0円でできます。このとき誘導するリンクをしっかり張っておき、商品の購入やサービスの利用をし易いようにします。

自分で作る場合のポイントとは

動画配信をする場合、まずは自分が前面に出るべきでしょう。商品やサービスの宣伝も必要ですが、同じ商品やサービスを宣伝している人と差をつけるため、できるだけその人の個性を重視するような動画にした方がよいです。最終的に、単に商品やサービスを買うお客さんを増やすよりも、その人個人が好きでその人から商品やサービスを購入したいと思っている人の方が根強いファンになります。結果的に、ほかの人よりも売り上げを伸ばすことができるはずです。

ストリーミングとは、動画や音声データなどのファイルをダウンロードしながら同時に再生できる転送・再生方式の一種です。完全にダウンロードをしなくとも再生ができ、待ち時間が大幅に短縮されます。