デザイナーが直接ホームページをコーディング?

ホームページのデザインを作り出す人

ホームページに画期的なデザインを作りたいと言った場合、デザインのプロでもあるデザイナーに依頼するのがお勧めです。しかし、デザイナーが描きあげたデザインをホームページに反映させるためには何をすれば良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。ホームページはHTMLやCSSと言った記述言語、動的なホームページを作り上げるためのJavaScriptと言った記述言語で構成されているもので、CSSがデザインを決める記述言語になります。

デザイナーが作り出したデザインをHTMLに反映

HTMLはホームページの記述言語です。タグと呼ばれている要素を使って文章を記述すると、文字サイズを大きく表示させる、色を付ける、表組を作るなどが可能になります。HTMLのタグには属性と呼ばれているものがあり、属性にSTYLEを適用すると、HTML文書内にスタイル情報を組み入れる事が出来ます。更に、属性にCLASSを適用した場合、HTML文書の先頭でスタイルを定義しておけば、それぞれのタグに同じようなスタイルを定義させずに済むなど、デザインを作り出す時にも便利です。

CSSはデザイナーが直接

HTML文書内にCSSファイルのリンクを記述しておくと、複数のCSSファイルを外部で管理が出来るようになります。CSSファイルはHTMLタグの中で定めた属性名と一致させておく必要がありますが、デザイナーがホームページのデザインを作る時などは直接CSSのコーディングを行い、ホームページのデザインを作り上げてくれます。そのため、HTML文書をベースにデザイナーが直接CSSを利用してホームページデザインを作り出してくれますよ。

通常のwebデザインと違い、レスポンシブwebデザインは、サイト完成後の小規模なメンテナンスでの、作業時間やミスのリスクを軽減できます。